人気ブログランキング |

60代からのばぁば道 cosmos2016.exblog.jp

2017年秋から一人と一羽(うさぎ)暮らしはじめました♪


by cosmos
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

あ、、、新年だというのに
気の利いた写真がありません。。。105.png

さて、明日は家族が集まるので
元旦は一人でのんびり
家籠りすることにしました。

しっかり寝坊してから
お雑煮を作りお餅を二つ食べたら
お腹がいっぱいで炬燵で二度寝。。。

その後、テレビを断捨離したので
スマホでYouTubeを楽しみました。

昆虫を採ったり育てている人や
魚釣りなど見ると面白いな~と思います。

主に若めのオジサン達が楽しそうに
「天然もののオオクワガタの幼虫です!
 本当に綺麗だな~♪」とか
(嫌いな人が見たら卒倒しそう)

魚釣りだったらそのことだけで
ワーワー楽しくはしゃいでいて
内容が小学生の会話と変わりないのです。

平和でいいな~とほっこりする私は
変わり者かしら!?

さて、現実に戻り午後は
実家の庭に生ったキンカンで
甘露煮を作りました。

キンカンの甘露煮は子供の頃から大好きで
必ず母が作りお節に入っていました。

その母は実はお節を作るのが
大きなプレッシャーでした。

義両親と同居していたこともあったり
子供や孫に日本の伝統文化を伝えたいという
義務的な気持ちで
長年手の込んだお節を作っていました。

そのために、よく見る悪夢というのが
年末にお節の材料を買いに行くのを忘れて
大晦日にスーパーに行ったら何もなくて
困っているという内容だそうです。

でも、数年前にもうお節を作らない宣言をしてから
重箱に入ったお節を作るのはやめました。

そうしたらお節の悪夢も見なくなったそうです。
(母も私もかなり薄味でないと食べられないので
 市販のお節を買うという選択はしません。)

お正月に家族が集まる時にはお鮨をとったり
すき焼きにしたりカニにしたりしています。

今年はそれもやめて
近所のお料理屋さんに行くことにしました。

ところで、母は自分がそれだけ
お節を作るのを嫌っていながら

私には作って欲しいようなことを
言ってくるのです。

でも、私もそれだけお節を作るのが嫌だという
愚痴を聞かされた上で作るのは嫌です。

ほら、だって「楽しいからやってごらん?」と
勧められたら少しは気持ちが動くかもしれませんが

「面倒くさくて大変だから代わりにやってよ。」と
頼まれてもねぇ。。。

キンカンの甘煮も
自分では作りたくなかったのですが

市販のものは私には甘過ぎるので
好みの甘煮を食べたければ
自分で作る他ないので

今日は特にやることもなかったので
思い切って作りました。

一番面倒くさいと思われる作業は
小さなキンカンの実に7本位包丁で筋をつけ
下茹でしてから中の種を抜くことです。
(1個につき6-9個入っていました)

最初は自家用だから
種付きのままで良いかなと思いましたが
やり出したらそれはそれで面白くなりました。

今年の夏には実家に戻るので
暮れにはもしかしたら
豪華な(!?)お節を作ってしまうかもしれません!?
a0354432_16483576.jpg
キンカンの甘煮と黒豆(汁も飲めます)で
3時のおやつにしました♪

*今年の暮れの私への伝言。。。

・大きなサイズの乾燥黒豆は近所で売っていないので
 早めにネットで購入すること。
 (砂糖は黒豆の半量)
・キンカンの甘煮は作り出すと案外楽しいよ!
 (砂糖はキンカンの1/3量で)

by cosmos2016 | 2019-01-01 16:58 | 一人旅気分 | Comments(0)