人気ブログランキング |

60代からのばぁば道 cosmos2016.exblog.jp

2017年秋から一人と一羽(うさぎ)暮らしはじめました♪


by cosmos
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2019年 03月 03日 ( 2 )

ひな祭り

a0354432_12451577.jpg
ママ(娘)が1才と3才の相手をしている間に
ばぁばはエビフライ(冷凍食品)を揚げ
ブリの照り焼きを作りながら
ちらし寿司の飾りつけをして
(マヨネーズの上に花ハムをおきました。)
なんとか写真におさめました。

3才のお兄ちゃんは
「わ~! 美味しそう!!」と大興奮。

でもね、最初からわかっていたことですが
子供って好きな物から(だけ)
食べませんか?

お兄ちゃんの好きな順番は
1・ハム
2・エビフライ(今日は冷凍食品)
3・マヨネーズ(がついたキュウリ)
4・ブリ照り

妹ちゃんが好きな順番は
1・エビフライ
2・ブリ照り
a0354432_17150174.jpg

それで二人共好きな物から
お腹いっぱい食べて。。。
(花ハムはほとんどお兄ちゃんのお腹の中へ)
ちらし寿司は
錦糸卵を数本つまんで食べただけでした105.png

はい、最初からわかってはいました。

でもこんなことなら幼児に配慮して
すし飯を柔らかめの薄味になんかしないで
大人が満足できる
普通のちらし寿司にすれば良かったわ~!

でも、孫たちの食事風景の写真は
ひな祭りっぽく撮れたので良かったです。
家族で(パパは日曜は会社ですが)
妹ちゃんの健やかな成長を祈りました110.png
a0354432_12452712.jpg
こちらは先月古民家で開催された
ひな祭りの写真です。

いつものピンボケを加工して
4枚組にして誤魔化してみました105.png

我が家は今年は吊るし飾りしか出せませんでした。
来年は妹ちゃんも
聞き分けが良くなっていると思うので

30年近く前に
ばぁばが幼かったママのために作った
木目込みミニ雛段を飾ろうと思います。

それにしてもひな祭りは
華やかで良いですね!110.png


by cosmos2016 | 2019-03-03 13:22 | 家族 | Comments(0)

花ハムの作り方

a0354432_09355386.jpg
朝から雛ちらしを作っています。

1才の妹ちゃんと3才のお兄ちゃんが
食べられるちらし寿司ですが

せっかくなので
可愛い雛人形の形にしようと思い

ウズラの卵を顔に見立て
ゴマなどで目鼻を付けた
可愛らしいひなちらしの
ネット画像をお兄ちゃんに見せたら。。。

下を向いて目をギュッとつむり
イヤイヤと首を横に振ります。

あ。。。お兄ちゃんは案外繊細で
食べ物に人の顔がついていたら
怖いのか~(笑)

それで、大好きなハムで花を作ってやろうと思い
ン十年ぶりに花ハムを作ることにしました。

花ハムなんてハムを半分に折って
切れ目を入れて巻けば良いので
簡単!楽勝♪と作り始めたのですが

奥が深い。。。。!?

一昨日買ってきた練習用の薄切りハムは
それでなんとかできましたが

昨日別のスーパーで買ってきた
同じような薄切りハムは
半分に折ってから切れ目を入れると
割れたり切れたりします

慌ててネットで検索して
まずロースハムは割れやすいことを知り

・冷えていると割れやすいので
冷蔵庫から出して少し置く。

・半分に折ると割れやすいので丸いまま
中心に切れ目を入れる。

・繊維にそって縦に切れ目を入れる。
(私の目に厳しかったですがなんとか縦を発見し
包丁の先で6ミリ幅4センチくらいに切れ目を入れました。)

・幼児にピックは危ないので海苔で巻く。

試行錯誤しながら上のように作ったら成功しました。
その上に海苔で巻いて下半分を切り落とすと
「花」と「蕾」の
2種類出来るではありませんか!!

これは偶然の私の発見だと思っていますが
いつものように皆様もご存知なのかも。。。
a0354432_09360233.jpg
昨夜干しシイタケとカンピョウを
圧力鍋でクタクタに煮たので

それを今朝はみじん切りにして
すし飯(ご飯柔らか目)に混ぜ込み

錦糸卵を作り
花ハム(2種類!)とキュウリ
花ニンジンを準備しました。

さあ、これから娘宅に持って行きます。
幼児2人がいるとバタバタして
完成した写真は撮れないかもしれないので
とりあえず準備した写真だけアップです(笑)
a0354432_09584789.jpg


by cosmos2016 | 2019-03-03 10:01 | レシピ | Comments(0)